Pexip Infinity 製品紹介

Pexip Infinity (ペクシプ インフィニティ)製品紹介

ノルウェー発 日本のコミュニケーションスタイルを変えるPexip Infinity

Peixp Infinity(ペクシプ インフィニティ)は、テレビ会議、音声会議、資料共有等、企業や教育機関のさまざまなシーンにおいて必要とされる機能を提供するソフトウェアベースの多地点会議サーバです。
今までの内蔵多地点接続サーバとはまったく異なる概念で設計され、誰もが自由に利用できる環境の低コストでの提供を実現します。場所や参加デバイスを選ばないシームレスな高画質会議環境を、低コストかつポート毎に年間ライセンスでご購入いただけます。

Pexip Infinity製品コンセプト

いつでも使える。どこからでも使える。

Pexip Infinityは、従来のテレビ会議システムのように、会議室を予約・MCUを予約など場所や設備といったリソースをシェアするという発想はありません。「いつでも使える。」、「どこからでも使える。」というユニークなツールです。

管理者の味方となる製品設計

Pexip Infinityは、必要なユーザーライセンスを年間契約し、ソフトウェアを仮想サーバにインストールするだけで利用可能です。
1つのサーバで利用することも、複数のサーバに分散してひとつの仮想MCUとして機能させることも可能です。
ネットワークの負荷分散、社内・社外のエンドポイントの接続など、管理者の管理工数を大幅に削減します。

ライセンスについて

ユーザーライセンス=仮想会議室

Peixp Infinity(ペクシプ インフィニティ)は、テレビ会議、音声会議、資料共有等、企業や教育機関のさまざまなシーンにおいて必要とされる機能を提供するソフトウェアベースの多地点会議サーバです。
場所や参加デバイスを選ばないシームレスな高画質会議環境を、低コストかつポート毎に年間ライセンスでご購入いただけるのが特長です。
Pexip Infinityは、ユーザーライセンス=仮想会議室として機能します。IDを持つ個人は自分専用の仮想ミーティングスペース(仮想会議室)を持ち、そこに相手が来る(アクセスする)ことでミーティングがスタートします。

Scalable Meeting Platformとは

拡張性高い会議を実現

Peixp Infinityのコピーでもある「Scalable Meeting Platform」をそのまま日本語に訳すると“拡張性のある”、”会議”、”基盤”となります。
その意味の通り、テレビ会議・Web会議・音声会議、それぞれのユーザーが求めいてた互換を実現し、新たなコミュニケーションの場を創造します。

Pexip Infinityの仕様

Pexip Infinity 仕様

通信プロトコル H.323、SIP、WebRTC、Microsoft Lync / Skype for Business
音声プロトコル G.711(a/µ)、G.719、G.722、G.722.1、G.722.1 Annex C、Siren7™、Siren14™、
  G.729、G.729A、G.729B、Opus、SILK、MPEG-4 ACC-LD、Speex、AAC-LC
映像プロトコル H.261、H.263、H.263++、H.264、H.264SVC、VP8、Flash video、RTVideo
資料共有 H.239(H.323)、BFCP(for SIP)、RDP(for Microsoft Lync/Skype for Business)、
  VP8(for WebRTC)、JPEG(for apps and web)
帯域 8kbps(H.729での音声通話)~6Mbps 1参加者あたり
解像度 QCIF~フルHD 1080p(1920x1080)
フレームレート 最大30fps
ハイパーバイザー要件 VMware、Microsoft Hyper-V、KVM、Xen、AWS、Microsoft Azure、
  the HPE Helion Openstak® Cloud Platform
facebook Twitter Youtube